頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

img

頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

希望の会計事務所を見つけられる求人サイトを徹底比較!

手厚いサポートと質の高い求人情報! 最も頼りになる求人サイトはこちら

会計事務所へ転職するポイント

会計事務所への転職を実現するには、大事な3つのポイントがあります。順次見て行きましょう。

①なるべく若いうちに転職活動をする

業種を問わず共通事項ですが、転職は若ければ若いほど有利です。会社側にとってみれば転入者を育てる必要があり、そのための資金効率・時間効率を考えると、若い人のほうが歓迎される傾向があります。具体的には25歳までならば、未経験者でも採用されやすいと言われます。

②税理士の複数科目に合格しておく

簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目には合格しておきましょう。理想は5科目合格です。

③会計事務所でアルバイトを経験しておく

アルバイトとはいえ、正社員の仕事の一部を担うことになります。まったくの業界未経験者に比べれば、かなりの差になります。少なくとも、転職後の成長スピードは、未経者に比べて格段に早くなるでしょう。採用側においても、アルバイトを「実務経験あり」と見なす場合があります。

以上が大事な3つのポイントになりますが、それでもうまくいかない場合には、ハローワークなどを通じて、小規模な個人事務所へ応募してみましょう。事務所が小さ目である点に加え、ハローワーク経由の紹介は断りにくいという事務所も多いため、比較的採用されやすいと言われます。
また、上記③のアルバイト先で、正社員への登用を打診してみるという方法もあります。人が知れているので、実務能力に大きな問題がなければ、他業種よりも正社員登用が容易と言われます。

会計事務所規模別の転職ポイント

転職する際に会計事務所の規模より転職ポイントは違います。わかりやすくポイントをまとめたので参考にしてみてください。

BIG4へ転職するためには

基本的には採用に積極的です。優秀で若い人材を多く採用するでしょう。

具体的には、20~30代前半であれば、3科目以上の合格で書類をパスする可能性が高いと言えます。さらに英語力があれば、採用の確率は上がります。英語力の目安は、TOEICで概ね700点以上。
ただし、英会話の能力は重視されず、会計分野独特の英文を理解できるかどうかが重要となります。英語力に自信がない場合には、5科目の合格で採用に至る可能性が高くなります。また、海外のMBA、USCPAなどの資格保有者は、経営・会計知識に加えて英語力の高さを証明するため、高い確率で採用に至るでしょう。

差別化のポイント:英語力

BIG4のクライアントには海外展開している会社も多いため、英語に堪能であれば、それだけ貴重な人材になります。TOEICで700点は最低条件ですが、これを大きく上回る900点であれば相当なインパクトがあります。TOEICは勉強した分だけ確実に得点が上がりますので、900点は決して夢のような話ではありません。

中堅会計事務所へ転職するには

BIG4または小規模事務所に比べて、中堅会計事務所はもっとも採用を積極的に行うことになるでしょう。

中堅会計事務所で働くことによってBIG4の採用基準を満たしてしまい、人材の流出が著しいのが中堅の厳しい現状です。そのため、今後は採用の基準を下げてでも人材の確保に乗り出す可能性があります。2科目合格でも十分に採用の可能性があります。

また、全国に拠点を拡大し始めている中堅会計事務所もあるため、マネージャー資質のある人材は、拠点の責任者として抜擢される可能性もあります。大手では経験できない、総括的な実務経験を積む機会があるかも知れません。

差別化のポイント::経営者感覚

多くの中堅会計事務所の本音は全国展開です。よって、せっかく採用した人材がBIG4に流れてしまうことが、もっとも痛手です。この事務所の拡大に関わっていきたという姿勢で、転職活動に望んでみましょう。

小規模会計事務所に転職するには

団塊世代の税理士が、早急に事業承継を考えなければならない時期に入っています。団塊世代自体の人口比率が高いため、必然的に税理士の数も多く、事業承継か廃業かを迫られている税理士は、非常に多くなってきました。廃業は避けたいものの承継者がいない場合には、他の事務所への吸収合併も選択肢となってきました。

こうした流れの中、承継者として耐えうる実務経験者を採用する傾向が出てくるでしょう。すなわち、ベテラン税理士の採用です。また、従来通り、小規模会計事務所では、科目合格の数よりも人物重視での採用が継続するでしょう。

差別化のポイント:ベテランの実務経験

代表税理士は、廃業や合併などを望んでいません。一通りの実務ができるベテランであることをアピールするとともに、これまで長くお付き合いしていたクライアントを大切にする姿勢を伝えましょう。

理想の会計事務所を見つけることができる求人サイトの選び方

会計事務所や税理士法人の求人情報を多く扱い、なおかつ就職・転職支援サービスが充実している求人サイトを調査しました。

全国に会計事務所は3万以上あるのですが、その割には求人情報が少ないとお思いの方もいらっしゃるかと思います。その理由は、大半の法人が20名以下の小規模な事務所のため、欠員補充がほとんどないことや、求人サイトの運営会社とのつながりが弱いため求人募集を出稿していないという理由が考えられます。

効率良く求人を見つけることができるように、大小さまざまな会計事務所と太いパイプでつながれている求人サイトを中心に、「会計事務所に強い求人サイト」を集めて紹介しています。

会計事務所への就職・転職の際に頼りになる求人サイトTOP5

会計事務所の求人情報を掲載している求人サイトを、求職者に紹介できる会計事務所の数求人側と求職側の希望のズレをなくすマッチング力サポート力利用者の口コミなどで比較して、ランキングを作成いたしました。さっそくご覧ください。

第1位 TACキャリアナビ
TACキャリアナビ
 
TACキャリアナビのもっと詳しい情報はこちら
紹介できる
事務所数
300社以上(サイト掲載求人数、就職情報誌掲載企業数、説明会・セミナー参加法人数の合計
マッチング力
★★★★★
資格取得の専門学校「TAC」が母体。公認会計士の8割がTAC卒であり、業界との密接なつながりがあるため、日本全国の会計事務所の実態や詳しい情報が収集できる
求職者だけでなく、求人側にも入念なヒアリングを行っているため、お互いの希望条件のズレがない。入社後の離職率が低い、高精度なマッチング力に定評。
サポート力
★★★★★
税理士の資格を持つエージェントが、自らの経験をもとに応募書類の書き方から条件交渉、入社後のフォローまで丁寧にサポート。
求人サイトの運営だけでなく、セミナーや説明会を開催し、幅広く求人の紹介を行っている。求職者に対して多方向からの支援を展開。
利用者の
口コミ
img 2科目合格者でしかなかった私でしたが、「大手会計事務所で働きたい」という希望をかなえていただきました。今はBIG4の税理士として勤めています。
img 担当コンサルタントの方には、親身になっていろいろ相談にのっていただきました。おかげで転職活動自体をスムーズに進められました。
img 「TACキャリアナビ」のコンサルタントの方に、たくさんある事業所のなかから最適な転職先を紹介していただきました。
img 転職が前提というスタイルでなく、私の心境や今後の希望を重視してくれ、カウンセリングしてもらったという印象。迷わず転職を決意できたのも、こちらのおかげです。
第2位  人材ドラフト
人材ドラフト
 
人材ドラフトのもっと詳しい情報はこちら
紹介できる
事務所数
297社(サイト掲載求人数)
マッチング力
★★★★★
数多くの会計事務所との取引実績や求職者へのヒアリング力の高さが定評。入社後1年の退職率はわずか2%という高さがマッチング力を証明。
サポート力
★★★★
求職者のキャリアプランに沿って、ベストな紹介先の案内を行い、面接への同行、紹介後のフォローまで対応。
利用者の
口コミ
img 税務の専門性を身につけたいという希望もあり、新事業立ち上げを進めていた会計事務所を人材ドラフトに紹介していただきました。今はそちらに転職しています。
img 個人経営の法人からの転職でしたが、エージェントの方に私の意向をくみ取っていただけ、業務の幅が広い中堅会計事務所を紹介してくださいました。
img 税理士試験2科目合格、経験4年ほどの私を、希望の会計事務所に転職させていただき、とても感謝しています。
第3位  ジャスネットキャリア
ジャスネットキャリア
 
ジャスネットキャリアのもっと詳しい情報はこちら
紹介できる
事務所数
287社(サイト掲載求人数)
マッチング力
★★★★
会計事務所の他、企業の財務部門などへの幅広いネットワークと付き合いの深さから、高い精度のマッチングを実現している。
サポート力
★★★★★
ヒアリング面談から求人情報の紹介、面接日調整、年収や待遇の交渉代行、エントリーシートの作成アドバイス、面接対策など細かな点までサポート。
利用者の
口コミ
img 自己紹介から想定される質問への回答、答え方や目線、動作などの態度まできめ細かな面接対策のおかげで、大手税理士法人に転職できました。
img ”面接で緊張しないための方法”は、とても役立ちました。面接は、企業も応募者もともに品定めする場所という話が、とても印象に残っています。
img 会計事務所とのネットワークが多く、コンスタントに求人情報を案内してくれました。コンサルタントの熱意ある姿勢も好印象です。
第4位  リクナビ
リクナビ
 
リクナビのもっと詳しい情報はこちら
紹介できる
事務所数
約100社
マッチング力
★★★★★
大手や中堅会計事務所の実績は多いが小規模な法人は少なく、個人経営の法人を希望される方にはマッチしにくい面も。
サポート力
★★★★★
エージェントは、リクルートグループのなかで優秀な社員を配置。求人先との条件交渉やアドバイス・サポートの質には定評がある。
利用者の
口コミ
img どのキャリアアドバイザーにあたっても、いちばん安定しているのがリクナビだと思います。他社サイトにも登録しましたが、リクルートの方が総合評価は高いです。
img 実務経験が浅いことなど自分のスキルが低く不安だったのですが、あらゆる可能性を提案してくれて親身になって相談にのってくれました。
img 希望じゃないところを紹介されても、すぐに違う法人や事業会社を紹介してくれるなど、情報力の豊富さは卓越していますね。でも、会計事務所に限ると少ないかも。
第5位  大原キャリアナビ
大原キャリアナビ
 
大原キャリアナビのもっと詳しい情報はこちら
紹介できる
事務所数
約300社(サイト掲載求人数、就職情報誌掲載企業数の合計)
マッチング力
★★★★
「資格の大原」が母体。BIG4をはじめ大手会計事務所から中堅、小規模な事務所まで幅広い法人と密接に取引を行っており、求職者の要望に応えられる。
サポート力
★★★★
面接の際も、日程調整からキャリアアドバイザーの同行、収入や条件面の交渉なども代行してくれる。
利用者の
口コミ
img 就職活動では、前日に連絡をくれたりとても熱心にアドバイスをいただけました。面倒見については大原キャリアナビは、どこよりもよいところです。
img メール・電話で適切かつ丁寧にアドバイスをいただけたりして、安心して転職活動に取り組めました。
img 会計事務所の体験研修会に参加させていただきました。実務と学習上の考え方や処理の違いを知り、大変役立ちました。

マッチング力とサポート力が高評価のTACキャリアナビ

マッチング力とサポート力の高評価からTACキャリアナビを「会計事務所に強い求人サイト」の1位に選びました。TACキャリアナビはなぜマッチング力とサポート力が高いと評価できるのでしょうか。その理由について詳しく解説します。

会計事務所業界との深いつながりがある

セミナー

TACキャリアナビの最大の特徴は、全国の会計事務所や税理士法人と深いつながりがあることに挙げられます。というのも、全国に約3万人いるといわれる会計士のうち、約8割がTACの卒業生。自校で輩出した人材が全国の会計事務所にいるため、ネットワークも広くつながりも深いのです。

こうしたネットワーク力を生かし、全国の会計事務所を一堂に会したセミナー・説明会(「会計業界合同就職説明会」「就職関連セミナー」)の開催、エージェントによる転職サポートなど多様なサービスを展開しています。

ちなみに、セミナー・説明会には年間2,000人以上もの求職者が集います。特に会計業界の求人イベントとしては最大規模である、夏と冬の2回行われる合同説明会には200社前後の会計事務所が参加し、東京や大阪、名古屋で開催されています。

求職者の立場で親身な対応をしてくれるエージェント

上記ランキングの口コミにもあったように、TACキャリアナビのエージェントは、求職者の立場で親身になってヒアリングを行ってくれます。求職者の資格やスキル、希望条件などを丁寧に聞き出すだけでなく、求人募集を行う会計事務所にも必要とする人材について徹底したヒアリングを行っているようです。

そのため求職側と求人側の希望条件のズレが生じず、就職・転職後の離職率が低い(=的確なマッチング力がある)ことにつながっているのだと思います。

求職者の就職・転職をサポートしてくれるのは、税理士などの資格を持っているエージェント。そのため、単に会計事務所を紹介するだけでなく、自らの経験をふまえて資格取得についてのアドバイスや、求職者への手厚いサポートができるのです。これが、TACキャリアナビのサポート力が高評価な理由のひとつです。

また、こうしたエージェントや業界に精通したコンサルタントが推薦してくれる求人情報ですから、求職者にも魅力的な案件が多いということは間違いありません。

”ブラック企業”など求職者の不利になる求人は扱わない

仮に事務所と求職者の希望がマッチしたとしても、いわゆるブラック企業を扱わないのがTACキャリアナビの方針。TACキャリアナビでは、求人情報を新規登録する会計事務所に対して、コンサルタントが訪問して企業風土や職場環境、業務内容を細かくチェックしています。

最初に聞いていた情報と実際の職場環境が違うなど、万が一不審な点がある会計事務所に関しては、人材紹介を一切断っているようです。

「実績を稼ぐため」ではなく、「求職者の希望と事務所のニーズをかなえるため」のマッチングを行ってくれる求人サイト、それが「TACキャリアナビ」なのです。

会計事務所への就職・転職の心強い味方「TACキャリアナビ」の公式サイトはこちら

※このサイトは個人が調べた内容をもとに構成しています。紹介している情報は、2015年1月現在のものです。最新の情報を知りたい方は、公式サイトでご確認ください。

PAGETOP↑
頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび