頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび
img

頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

希望の会計事務所を見つけられる求人サイトを徹底比較!

手厚いサポートと質の高い求人情報! 最も頼りになる求人サイトはこちら
会計事務所就職・転職の求人サイト比較TOP就職・転職に有利!会計事務所で優遇される資格とは公認会計士

公認会計士

会計事務所に就職・転職する際に有利となる資格のひとつ「公認会計士」の資格について、その業務内容や試験の流れなどを紹介します。

会計業界で最高峰の資格「公認会計士」とは?

会計の専門家であり最高峰のステータスとして、毎年多くの方が取得を目指す「公認会計士」の資格。この資格を取得すれば会計事務所に就職・転職が有利になるほか、就職後も企業の監査、財務、経理などさまざまな仕事が受け持てるようになります。

なかでも「財務諸表監査」については、公認会計士しかできない業務。企業にとっては、第三者である公認会計士がこの監査を行うことにより、社会的信用を得ることができますし、ステークホルダーにとっても信頼性の高い情報が得られ、安心かつ円滑なビジネス運営に貢献します。

このほか、最近需要が高まっている内部統制監査、企業の経営全般にわたるコンサルティング、また間もなく日本でも適用がはじまるIFRS(国際財務報告基準)に関連する業務も、公認会計士が受け持つことになるなど、将来的にも幅広い業務展開が期待できます。

さらに、公認会計士の平均年収は1,000万円以上と高い収入が得られるほか、スキルがあれば男女関係なく平等に仕事が受け持てる点も魅力となっています。

公認会計士になる「近道」とは?

上記のように、会計に関する多岐の業務を受け持てる公認会計士ですが、資格の取得にはかなりの努力が必要です。年2回行われる短答式試験、さらに論文式試験をクリアした後、会計事務所などで2年以上の業務補助や実務補習、修了考査を経てようやく公認会計士として登録されるのです。

長い道のりではありますが、まずその第一歩は公認会計士を目指す方が通う資格取得のための専門学校で勉強すること。これが、資格取得への最善策です。

とりわけ、現在3万人と言われている公認会計士の8割が、資格取得専門学校「TAC」の卒業生だと言われています。こうした専門学校に通い、卒業後は「TAC」が運営している求人サイト「TACキャリアナビ」を使って、会計事務所に入るというのが、理想的な進路といえるのではないでしょうか。

TACキャリアナビの
詳しい情報はこちら>>

PAGETOP↑
頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび