頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび
img

頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

希望の会計事務所を見つけられる求人サイトを徹底比較!

手厚いサポートと質の高い求人情報! 最も頼りになる求人サイトはこちら
会計事務所就職・転職の求人サイト比較TOP就職・転職に有利!会計事務所で優遇される資格とは税理士

税理士

会計事務所に就職・転職する際に有利となる資格のひとつ「税理士」の資格について、その業務内容や試験の流れなどを紹介します。

企業にも個人にも安心のパートナー・税理士とは?

税理士とは、文字通り税務一般の業務をこなすことが仕事内容であり、会計事務所でも税務関係に力を入れている法人はたくさんあります。

具体的な業務内容は、税務代理(確定申告申請や税務調査の立ち会いなど)、税務書類の作成、税務相談などが挙げられます。なお上記の3つは税理士の独占業務であり、この資格を得た人しかできません。

このほか、企業の会計業務、税務訴訟裁判などの補佐人、会計参与などの仕事も税理士の大切な仕事といえます。

税理士資格を取得し会計事務所に就職・転職する方法

税理士になるには、いくつかの方法があります。

もっともオーソドックスなのが、税理士試験に合格した後に、租税・会計に関する事務に2年以上従事するパターン。ちなみに、税理士試験は毎年8月上旬ごろに実施されます。

公認会計士の試験と比べると比較的簡単に取得できるとされますが、その他の国家資格と比べればやはりハードルが高く、毎年多くの受験者が難関突破を目指しています。

試験科目は11科目あり、このうち必修科目の簿記論と財務諸表論などを含めた5科目に合格すればよいとされます。ちなみに、修士や博士の学位取得者や国税従事経験がある方は、税理士試験が一部免除されます。

このほかにも、公認会計士、弁護士でも租税・会計に関する事務に2年以上従事していれば税理士の資格を取得できます。

なお、前述の税理士試験を受験する多くの方が、「TAC」や「資格の大原」などの資格取得専門学校に通っているようです。税理士の場合、問題集が書店などにあまり出回っていないことから独学が難しいとされており、さらに法改正などの情報までアンテナをはらなければならないこともあり、専門学校に頼ったほうが近道とされています。

また、試験合格後は実務経験が必要ですから、資格取得専門学校が母体である「TACキャリアナビ」「大原キャリアナビ」などの就職・転職サイトを使って会計事務所に入るというのが、いちばんの近道なのではないでしょうか。

税理士業界とつながりが深く
情報が豊富な求人サイトはこちら>>

PAGETOP↑
頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび