頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび
img

頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

希望の会計事務所を見つけられる求人サイトを徹底比較!

手厚いサポートと質の高い求人情報! 最も頼りになる求人サイトはこちら
会計事務所就職・転職の求人サイト比較TOP会計事務所の規模による仕事内容や給料の違いBIG4

BIG4

BIG4といわれる大手会計事務所の仕事内容や給料についてまとめています。

BIG4(大手会計事務所)とは

BIG4とは、世界的に展開している以下の4つの大規模会計事務所のことです。

  • デロイトトウシュトーマツ (Deloitte Touche Tohmatsu)
  • アーンスト&ヤング (Ernst & Young)
  • KPMG
  • プライスウォーターハウスクーパース (PricewaterhouseCoopers)

これらの4つの会計事務所で、世界中の主要な大企業のほぼ全てを顧客としており、会計・監査・税務・コンサルティングなどのサービスを提供しています。

BIG4は世界各国において、その国の主要会計事務所と提携しています。日本において、BIG4と提携している会計事務所は以下の4社です。

  • 有限責任監査法人トーマツ(デロイトトウシュトーマツと提携)
  • 新日本有限責任監査法人(アーンスト&ヤングと提携)
  • 有限責任あずさ監査法人(KPMGと提携)
  • あらた監査法人(プライスウォーターハウスクーパースと提携)

BIG4の仕事内容について

BIG4のクライアントは、日本を代表する名だたる企業が連なっています。大手の商社やメーカー、金融機関など一部上場企業の多くは、BIG4のいずれかの会計事務所が携わっているといっても過言ではありません。それだけに人員も多く、公認会計士だけでも1社で数千名が在籍しています。

BIG4の仕事内容は、各専門分野に強い数人がチームを組み、1つのクライアントに対してさまざまなサービスを提供する体制をとっています。

クライアントはグローバルに展開する企業も多いですから、英語力はほぼ必須。しかも、業務指示書やアニュアルレポートなど、専門的なビジネス用語も含まれている書類ですから、TOEIC700点以上のスキルを持つ人材が求められるようです。

最近は不景気や日系企業のBIG4離れなどもあって、一時期よりも勢いがなくなってきている感もありますが、M&Aや組織再編などの案件、また外資系企業が増えてきたことなどもあって、2013年には多くの人員を採用しています。この傾向が続けば、今後も採用枠が増えていく可能性も十分にあります。

BIG4の給料はどれくらい?

仕事内容のレベルが高いことからも、給料も一般企業に比べれば高いのも当然です。一例として、20代で入社した人の年収は約500万円、マネージャーなど管理職級では年収1,000万円台になります。30代のマネージャーも比較的多いですが、誰もがなれるポジションではありません。

一方で、会社で昇格するよりも自らのスキルアップの場としてBIG4に勤め、その後、公認会計士として独立を目指すという人もいるようです。

さまざまな仕事内容を体験しながら腕を磨き、自分の進みたい道を見据えるための通過点という様相もあるのでしょう。いずれにせよ、中堅の会計事務所に勤務している方よりも高い給与をもらえるのが、BIG4の魅力といえます。

この記事の関連のページ

PAGETOP↑
頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび