頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび
img

頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび

希望の会計事務所を見つけられる求人サイトを徹底比較!

手厚いサポートと質の高い求人情報! 最も頼りになる求人サイトはこちら
会計事務所就職・転職の求人サイト比較TOP会計事務所への就職・転職を成功させる秘訣ブラックな事務所を避けるポイント

ブラックな事務所を避けるポイント

ブラックな会計事務所の見極め方

会計事務所のなかには、「残業手当など賃金が適切に払われていない」「離職率が高い」「税務コンプライアンスを守っていない」といったブラックな事務所も少なくありません。就職・転職を希望される方にとっても、こうした事務所は避けたいところですが、実際に働いてみないと実態がわからないことも多いので難しいところです。

そこで、就職・転職活動中の求職者の方でもブラックな会計事務所を見極めることができるポイントをいくつか紹介しましょう。

(1)離職率が高い

何らかの理由で離職者が多いのは、やはりブラックな会計事務所を感じさせます。では、離職率を知るには、どうすればよいのでしょうか?

ひとつの方法として、求人募集と社員数をチェックすることでわかります。ここで注意しなければならないのは、いつも求人募集をよく出している会計事務所がブラックというわけではありません。急成長している会計事務所であれば、それなりに人手が必要になりますから、当然求人募集をたびたび出しています。

問題は、出していても社員数が増えない(=辞める人も多い)ところが、ブラックな会計事務所であると考えられます。

(2)若いスタッフの割合が多い

活気があってフレッシュなイメージがある一方、経験が浅く有資格者も少ない、育成する人材がいない、という意味では、評判が良くないブラックな会計事務所もあります。

もちろん、若いスタッフが多くても、30代40代のスタッフが人材育成に注力している会社もあります。面接の際に、スタッフの年齢構成についてさりげなく聞いてみるとよいでしょう。30代40代が代表しかいないとか、経営層も30歳前後と若いという会計事務所は、少し注意が必要でしょう。

(3)低料金を前面に出している事務所

長引く不況から、サービス料金の安さをアピールして、競合と差をつけようとする会計事務所も見かけるようになってきました。ご承知の通り、価格が安くなればそこで働くスタッフの給与が安くなったり、時間外労働が多くなったりするなど、労務コンプライアンス違反の可能性もあります。

とはいえ、業務のIT化などで業務効率化を推し進めることによって低価格を実現している会計事務所もあります。面接の際に、「どうしてこの料金でサービスを提供できるのか」という質問をしてみましょう。そして、納得のいく回答がなければブラックの可能性があると疑ってみましょう。

ブラックか否かの見極めが難しい会計事務所業界

ここまでいくつかのポイントを解説してきましたが、上記に合致する会計事務所が、必ずしもブラックとは言い切れませんし、上記に合致していなくてもブラックな事務所はあります。

例えば「離職率が高い」会計事務所で、実は新卒・未経験者を育成して独立支援に注力しているという、働くにはオススメの事務所もあります。また、ベテランスタッフが多い(勤続年数の長いスタッフが多い)と募集要項にあっても、定年間際の人が多く、数年後にはいなくなる事務所だってあります。

ネット上だけでは情報が少なく、ブラックか否かを見極めるのが難しい業界ですが、こうした情報を多く持っているのが、業界情報に精通している求人サイトや求人エージェント。より良い事務所に就職・転職するためにも、こうしたサイトを利用して情報を得ることも賢い方法ですので、登録するのは必須といえます。

ブラックな会計事務所を避けたいなら
業界情報に精通しているこちらのHPをチェック>>

PAGETOP↑
頼りになる求人サイトをランキングで比較!会計事務所への就職・転職サポートなび